ドクガク

ブログ

全体に係る先願の公報発行日と同日に出願された部分意匠は登録できるか?

H22年37(ハ)と改正後の関連意匠について - はる2022/02/08 (Tue) 10:11:10弁理士試験初学者です。いつも拝見させていただいております。H22年短答試験問37(ハ)の枝について、改正後の関連意匠制度と関連して、お...
ブログ

商標8条1,2項(先願)が、同一出願人に適用されない理由は何か?

商標8条について - 初心の者2022/02/06 (Sun) 17:52:02商標8条①項、②項は、同一出願人の場合には適用しないと、青本の記載にありますが、条文の文言にはこのような記述がないのは、何かの理由があるのでしょうか?ご教示の...
未分類

合格後すぐの実務修習を受けるべきか否か?

実務修習について - muyo2022/02/06 (Sun) 17:38:38弁理士試験合格後の実務修習は、合格後すぐのものを受けないといけないのでしょうか。そこまでではなくとも合格後何年以内に修習を終えないといけないという決まりはある...
ブログ

訂正の記載要件(特特126条3,4項)違反時にどう処理されるのか?

H30特実19ー1の枝について - R4年合格を目指すものです2022/01/26 (Wed) 17:52:59大変お世話になっております。H30特実19ー1の枝に関するお伺いです。 問いの内容としては、「126条4項違反の訂正は、...
ブログ

特38条の2第6項と商5条の2第4項で出願日の認定の記載が異なる理由は何か?

出願日認定について - はつ2022/01/25 (Tue) 12:50:31お世話になっております。出願日の認定の違いについてお聞きしたく存じます。特38-2第6項と商5-2第4項で、手続補完書を提出した日の認定について、特許法では”す...
ブログ

審決の拘束力についての第三者効について

特167条に関する質問(再掲) - R4年合格を目指すものです2022/01/24 (Mon) 16:50:15標記の件について、お伺いいたします。 裁判段階で適用される行訴法33条の拘束力は第三者効がある(同32条)とありますが、...
ブログ

商64条3項について、団体商標の構成員による著名化がない理由は?

商64条と特167条に関する質問 - R4年合格を目指すものです2022/01/22 (Sat) 12:57:20お世話になります。この度は、独学で勉強する中調べ物をしていたところ、貴サイトを発見し、初めて質問させていただきます。①商64...
ブログ

弁理士短答のR2特実9枝1について 

R2特実9枝1について - 左近寺2022/01/15 (Sat) 08:37:50出願Cの基礎出願がAとBのどちらであるかが書いておらず、Bを基礎としているとも読める気がするのですがどうでしょうか?また、もしBを基礎出願と仮定すると、発...
ブログ

特許やぶりの女王 弁理士・大鳳未来 ネタバレビュー

第20回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作であり、現役弁理士が描くミステリー小説ということで、さっそく読んでみました。ストーリーとしては、企業から特許権侵害の警告を受けた著名VTuberを、主人公である女性弁理士が専門知識を駆使して守...
ニュース

米国101条拒絶に対する応答を先延ばしにするパイロットプログラムが施行

米国特許出願に対してオフィスアクション(OA)が通知された際に、101条(特許適格性)不備の拒絶理由が通知された場合に、当該拒絶理由に対する応答を先延ばしにできるパイロットプログラムが施行されるようです。「101条拒絶への応答繰延パイロッ...
タイトルとURLをコピーしました