ドクガク

過去問の解説

R01年短答著作不競問01

 以下の内容はあくまで管理人の解釈であり、受験機関などの解答は参考にしておりません。また、その正確性を保証するものではありません。もし、間違いに気付かれた方は、独学の弁理士講座掲示板、又は、メールにてご連絡下さい。 R01年...
ブログ

大合議判決の紹介:平成31年(ネ)第10003号

・平成31年(ネ)第10003号『特許権侵害差止等請求控訴事件』特102条1項(被疑侵害者の譲渡数量に、特許権者の製品の単位数量当たりの利益の額を乗じて得た額を損害の額と推定する)に関する大合議判決です。結論としては、『特許発明の...
職務発明

第8条 (優先的協議)

以下に、職務発明取扱規程例を掲載するが、これは一例に過ぎず、特許法第35条に適合すること、及び現実の職務発明等を取り扱うために必要十分であることを保証するものではありません。実際に職務発明取扱規程を策定・改定するに際しては、弁理士...
過去問の解説

R01年短答条約問10

 以下の内容はあくまで管理人の解釈であり、受験機関などの解答は参考にしておりません。また、その正確性を保証するものではありません。もし、間違いに気付かれた方は、独学の弁理士講座掲示板、又は、メールにてご連絡下さい。 R01年...
ブログ

弁理士試験-R1短答特実8枝4について

R1短答特実8枝4について - 七氏2020/02/25 (Tue) 19:52:12特許法23条2項では、「指定した期間内に受継がないときは、『その期間の経過の日』に受継があったものとみなすことができる。」と規定されているのに対...
ブログ

弁理士試験-短答過去問の勉強年数

過去問の年数 - 独学社会人2020/02/17 (Mon) 16:40:40皆さん大体どれくらいの年数の過去問をこなしているんでしょうか。直近10年分が妥当でしょうか? Re: 過去問の年数 - 管理人2020/02/21...
ブログ

珍しい知財判決集 平成29年

平成29年(ワ)第24850号:平成29年10月30日判決言渡「特許申請の真正な名義への訂正等請求事件」同姓同名の他人が、発明者の名義を訂正し、謝罪広告を新聞に掲載するように求めた事例。TOTO 株式会社の出願において、原告と同姓同名の発...
ブログ

弁理士試験-国内優先・パリ優先の出願人選択

国際出願に係る優先権主張 - 初心の者2020/02/14 (Fri) 18:27:46先の出願が、日本を指定国に含む国際出願で、後の出願が国内出願である場合、優先権は国内優先権またはパリ優先権のどちらかを出願人が選択できますが、...
ブログ

弁理士試験-優先権主張を伴うPCT出願のメリット

優先権主張を伴うPCT国際出願と自己指定に関して - 学生2020/02/11 (Tue) 19:51:46優先権主張を伴うPCT国際出願と自己指定に関して日本の場合、自己指定の場合の国内優先権の効果は特許法41条の規定に基づく事...
ブログ

弁理士試験-再審や審決等取消訴訟が提起できない場合

再審や審決等取消訴訟が起こせない場合-審判・・・2020/02/06 (Thu) 14:21:48特許異議の申立てについての維持決定に対しては、再審・審決等取消訴訟を起こすことはできませんが、拒絶査定不服審判・訂正審判・無効審判の...
タイトルとURLをコピーしました