弁理士試験-R1短答特実8枝4について

R1短答特実8枝4について – 七氏
2020/02/25 (Tue) 19:52:12

特許法23条2項では、「指定した期間内に受継がないときは、『その期間の経過の日』に受継があったものとみなすことができる。」と規定されているのに対し、『受継を命じた日に』としている枝4が正答となるのはなぜでしょうか?

Re: R1短答特実8枝4について – 管理人
2020/02/27 (Thu) 08:18:20

ご指摘ありがとうございます。
問題の読み違いであり、枝4は誤答です。

[R01年短答特実問08]

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へクリックに感謝します

コメント

タイトルとURLをコピーしました