商標の広義の混同の具体例

ブログ
商標法 独学 チワワ

広義の混同 – 初心の者
2021/04/18 (Sun) 06:47:26
非類似商標の場合の広義の混同の例には、どのような具体例があるのでしょうか?
ご教示お願いします。

Re: 広義の混同 – 管理人
2021/04/26 (Mon) 10:51:52
審査基準を見て頂くのが一番です。

具体例としては、
①事業者甲が自己の業務に係る役務「ラーメンの提供」に商標「Ⓢ」を使用し、これが全国的に周知になっている場合において、事業者乙が自己の業務に係る商品「そばの麺」(役務「ラーメンの提供」とは非類似)に商標「Ⓢ」を使用したとき
②事業者甲が自己の業務に係る商品「電気通信機械器具」に商標「JPO」を使用し、これが全国的に周知になっている場合において、事業者乙が自己の業務に係る商品「おもちゃ」(商品「電気通信機械器具」とは非類似でかつ、商品の生産者、販売者、取扱い系統、材料、用途等の関連性を有しないもの)に商標「JPO」を使用したとき
が挙げられています。

関連記事

掲示板ログ:掲示板に投稿された質問とその回答の過去ログです

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へPVアクセスランキング にほんブログ村クリックに感謝します

コメント

タイトルとURLをコピーしました