ニュース-商標ウォッチャーの話題『S氏の商標登録出願』について

商標ウォッチャーの話題『S氏の商標登録出願』について
商標ウォッチャーの話題となっている
S氏の商標登録出願群があります。
(『特許庁システムの申請人情報を改竄した成済まし犯に天罰が下れ』等)
実は、この辺りの出願の動機は、特願2013-268150の審査書類情報照会を読めば詳細に分かります。
具体的に出願人は、以下のような経緯で多数のメッセージ(補正書・意見書)を特許庁に送っています。
※以下、一部を抜粋して引用。
2015/05/25 :意見書
『平成27年4月3日に何者かにより、虚偽の紙の「印鑑変更届」と虚偽の紙の「出願取下書」が提出され、同年4月16日に工業所有権電子化センターにより電子化手数料の振込用紙が本出願人の住所に届いたことにより虚偽の手続きが発覚しました』
2015/06/18 :意見書
『平成27年6月15日の午前10時過ぎに特許庁の総務課から、本日より「印鑑変更届」において、本人に提出の有無を確認する運用が開始されたと連絡を受けた。その前の週に本出願人は、一生の内に使う機会が二度と巡ってこないだろう最後の手段として・・・安倍晋三首相殿に越訴しました』
2015/07/29 :手続補正書
『本日、行政訴訟を起こすための前手続きとして、行政不服審査法(昭和 37 年法律第 160 号)第5条の規定による審査請求を提出しました』
2015/10/16 :手続補正書
『平成27年10月15日に麹町警察署のK刑事から、成済ましにより本願絡みの虚偽の「印鑑変更届」「出願取下書」が提出された事件の捜査が開始されたことの連絡を受けた』
そして、特許庁でもまともに対応しているようですが、出願人の怒りはとどまらず、
これが商標登録出願へと流れた動機のだと思われます。
※なお、2015/11/18 :手続補正書において、
現在最後のメッセージは、『成済まし犯殿へ』と、犯人へのメッセージになっております。
また、出願人は、Yahoo知恵袋にて
特許の出願取下書を偽造され提出された件』等の複数の質問をしている方と同一人物であると思われます。
【関連記事】
「「知性のあるドラえもん」の中国特許出願を発見」
↓クリックありがとうございます。
にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

なお、直近の本室更新は「H27年短答試験問60」です。
↓弁理士試験ならLECオンライン

コメント

  1. アバター媚びたろう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    印鑑変更届の盲点が利用されたぐらいで馬鹿騒ぎした馬鹿な出願人。一流の弁理士の手を借りてBluetooth5の特許を狙う方が得策だうろ。結局、頭悪いんじゃない。

  2. アバター媚びたろう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    印鑑変更届の盲点が利用されたぐらいで馬鹿騒ぎした出願人。図にブリッジノードが登場していれば、国内のblue関係者の目に触れない訳がない。結局、一流の弁理士の手を借りてBluetooth5の特許を狙う方が得策だうろ。何も得るものが無い馬鹿騒ぎをやっているようでは、頭悪いんじゃないか。

  3. アバター媚びたろう より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    馬鹿騒ぎの虚しい抵抗の商標登録願等を1年以上も続けているお馬鹿さん。御庁は馬鹿な出願人の商標登録願を非公開設定にするだけのことです。korishou1先生のアドバイスを聞き入れ腕の良い弁理士を探しなさい。

タイトルとURLをコピーしました