ニュース-フェアユースは権利ではない

フェアユースは権利ではない
本ブログは独学の弁理士講座の別室です。
なお、本日の本室更新は「商標法4条1項4号」です。
「日本版フェアユース」は期待過剰? 識者が議論(ITmedia Newsi)
米国の著作権法にあるいわゆるフェアユース規定を、
日本の著作権法に導入しようという議論が、
文化庁傘下の審議会で進められているそうだ。
Picture Association(映画協会)アジア太平洋地域プレジデントの
マイケル・エリス氏の発言が興味深い。
「フェアユースは権利ではなく抗弁だ」〔引用ママ〕
ただし、「膨大な判例をベースにした米国だからこそ成り立つ」
という指摘には反対したい。
現実に、一部ではファン活動としての著作物の利用などが行われており、
フェアユース導入のための蓄積が、十分にあると思うからだ。
もっとも、上記行為は著作権の侵害に当たる可能性が高いので、
これをフェアユース類似というと、語弊があり過ぎるのだが・・・。
いずれにしても、必要ならば導入するという姿勢が大事だと思う。
なお、本ブログの場合、
出典さえ明記して頂ければ、
いかように使用して頂いても結構です。
といっても、誰も使わないでしょうけど。
【関連記事】
「著作権法にフェアユース導入」
管理人応援のために↓クリックお願いします。
  にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ ←本日2位です。ご協力お願いします!
 弁理ブログランキング
   ←首位奪還!ご協力ありがとうございます!
 
↓弁理士試験ならLECオンライン↓

弁理士サイトはこちら

コメント

  1. アバター匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: a7f20ac89190a7429dc1b5509a4010db
    利用の蓄積はあるかもしれませんが、判例の蓄積は無いに等しい(照明器具カタログ事例、キング・クリムゾン事例程度か)ですね。
    違法の蓄積を積み上げて「これだけ違法行為が通用しているから合法化せよ」と迫るのは法治国家の日本でいかがなものでしょうかね?

  2. アバタードクガク より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 利用の蓄積はあるかもしれませんが、判例の蓄積は無いに等しい(照明器具カタログ事例、キング・クリムゾン事例程度か)ですね。
    > 違法の蓄積を積み上げて「これだけ違法行為が通用しているから合法化せよ」と迫るのは法治国家の日本でいかがなものでしょうかね?
    判例の蓄積が必要なのは、フェアユースの範囲を決める目安になるからですよね?
    逆に、すでに事実上のフェアユース基準が出来ていれば、判例の蓄積を待つ必要は無いと思うのです。
    で、現状では、その基準ができつつあるように感じているわけです。
    なお、違法行為を勧めるつもりはありませんが、
    違法行為が常態化する原因として、法律の側に問題があることもあります。
    法律の側に問題がある場合、法改正を行うのは立法府の義務だと思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました