返信先: 弁理士と特許技術者の違い

#6468
アバターキョウガク
ゲスト

 ドクガク先生ではありませんが、私見を述べさせてください。

 基本的に、特許出願等の代理手続や鑑定等の業務は、弁理士に限定されています(弁理士法4条1項)。したがって、特許技術者は、弁理士のアシスタントとして「のみ」存在が許されると解されます。

 ご指摘のように、現状では、特許技術者が弁理士のアシスタント「ではない」脱法状態が放置されております。この事態は実に遺憾といえます。
 日本弁理士会もこの事態に関する注意喚起を行っていますので、遠からず、特許技術者は、弁理士のアシスタントとして「のみ」存在が許されることになると考えるべきでありましょう。

タイトルとURLをコピーしました