返信先: RCEとAFCP2.0の使い分け

#6406
ドクガクドクガク
キーマスター

米国においては、ファイナルオフィスアクション後に補正をした場合、わずかは補正であっても「新たな調査/検討が必要である」として補正が受け入れられず、アドバイザリーアクションが発行されてしまいます。
アドバイザリーアクションが発行されることのデメリットは、アドバイザリーアクションが発行されるまでの間は出願を継続させておく必要があるため、当初応答期限(3月)を経過してしまい、延長をしなければならないというものです。
そのため、補正をする場合は、延長を避けるために、①アドバイザリーアクションが発行されることに備えて1月以上前に応答する、又は②補正と共にRCEをする、という対応が一般的です。

また、補正が受け入れられ易くなるAFCP (After Final Consideration Pilot) 2.0という無料プログラムが試行されています。そのため、補正をするならばAFCP2.0を申請することが考えられます。ただし、補正が受け入れられる可能性が若干高まる程度であるので、RCEをすべきか、AFCP2.0をすべきか悩むこともあるでしょう。私の場合、お客様に勧めているのは、5word以内の補正ならば受け入れられる可能性があるのでAFCP2.0を申請するという基準です(US代理人の受け売りです)。
もちろん、5word以内でも駄目なこともあるし、5wordを超えても大丈夫なこともありますので、一つの基準として覚えて頂ければと思います。

なお、個別具体的なご質問があれば、「uchidaアットcentral-pat.com」の内田宛にお寄せ下さい。

  • この返信は1ヶ月、 3週前にドクガクドクガクが編集しました。
  • この返信は1ヶ月、 1週前にドクガクドクガクが編集しました。
タイトルとURLをコピーしました